グラミンハウス メインイメージ1

グラミンハウス/解体終了

障害者に夢を与える、利活用建築の見本

旧超伝導システム科学研究センターの建物で通称グラミンハウスとよばれ、たくさんの方々に親しまれています。グラミンハウスは、グラミン銀行を創設したムハマド・ユヌス博士(グラミン銀行総裁、ノーベル平和賞受賞)が提唱するソーシャル・ビジネスを日本に普及するため、ソーシャル・ビジネスの拠点として、2011年に旧超伝導システム科学研究センターをリノベーションされました。正式名は、グラミン・クリエイティブ・ハウス(G.C.H)といいます。立ち上げに際して福岡をアジアのソーシャル・ビジネスの拠点とする共同声明「ソーシャル・ビジネス ハブ・イン・アジア」を掲げています。

グラミンハウス メインイメージ2

2016年10月 解体

物件情報

構造規模RC造、階数2
状態・コメント現在の文化活動が国際交流また地域への一定限以上の貢献を続けていることから、こちらも評価対象に加える必要がある。規模が小さく、立地的にも再活用しやすい建物である。鉄筋コンクリート構造であるが、構造体が著しく劣化しているため、詳細な調査が必要である。
今後の取り扱い評価C/解体方針。構造的な劣化が著しく、利活用が困難と思われるため、ファザード保存・記録保存等を含めた取り扱いを検討する。
以下の手順を踏んだ上で建物を解体する。
①解体する建物を広く公開する。(建物の情報・活動歴史の紹介、解体前の撮影会等開催)
②記録保存を適切に行う(映像記録、3次元測定、部材保存)
③研究利用を行う(研究上、価値があるものを対象)

※非公式な見解として一部の専門家は、RCの中性化は進んでいるものの利活用は充分可能とする声もあります。

参考文献:「平成24年度 九州大学箱崎キャンパスにおける近代建築物の調査」、「福岡の近代化遺産」

九大箱崎キャンパス跡地MAP
  • 経済産業省による「近代化産業
    遺産群 続33」に登録された建物
  • 平成24年度九州大学箱崎キャンパスにおける
    近代建築物の調査において評価をうけた建物
  • 更地化されたエリアまたは
    現在更地化が進んでいるエリア
  • 近代建築物の調査において
    評価をうけたが解体された建物
  • 旧・工学部本館
  • 応力研生産研本館
  • グラミンハウス
  • 本部第一庁舎 第三庁舎
  • 応用物質機能化学教室
  • 50周年記念講堂
  • 保存図書館
  • 道路工学実験室
  • 船舶海洋工学実験室
  • 船舶海洋工学実験水槽
  • 航空工学教室
  • 農学部6号館
  • 中央図書館
  • 建築学部教室
  • 農学部1号館-5号館
  • 六角堂
  • 標本見本園(農学部庭園)
  • 熱帯農学センター
  • 松浜厚生施設(旧学生食堂)
  • 三畏閣

© hakozaki kyudai fun club All Rights Reserved.

署名へ Facebookでシェア TOPへ