50周年記念講堂 メインイメージ1

50周年記念講堂/評価B・再活用検討

九大モダニズム

創立50周年を記念して建てられたホールで、1960年代の現代建築の特徴を有し、意匠的にも優れた光吉健次の代表作です。空間のダイナミックな造形性に優れ、打ち放し仕上げに、大スパンの梁の設計など、構造技術を駆使した大空間建築物で芸術性も高く評価されています。竣工後、すべての九大生がこのホールで入学を迎え、このホールから卒業した思い出の詰まった建物でもあるのです。

50周年記念講堂 メインイメージ2
九大箱崎キャンパス跡地MAP
  • 経済産業省による「近代化産業
    遺産群 続33」に登録された建物
  • 平成24年度九州大学箱崎キャンパスにおける
    近代建築物の調査において評価をうけた建物
  • 更地化されたエリアまたは
    現在更地化が進んでいるエリア
  • 近代建築物の調査において
    評価をうけたが解体された建物
  • 旧・工学部本館
  • 応力研生産研本館
  • グラミンハウス
  • 本部第一庁舎 第三庁舎
  • 応用物質機能化学教室
  • 50周年記念講堂
  • 保存図書館
  • 道路工学実験室
  • 船舶海洋工学実験室
  • 船舶海洋工学実験水槽
  • 航空工学教室
  • 農学部6号館
  • 中央図書館
  • 建築学部教室
  • 農学部1号館-5号館
  • 六角堂
  • 標本見本園(農学部庭園)
  • 熱帯農学センター
  • 松浜厚生施設(旧学生食堂)
  • 三畏閣

© hakozaki kyudai fun club All Rights Reserved.

署名へ Facebookでシェア TOPへ